ネット小説

【カクヨム】完全無欠の新人魔術生

多分ですが、はじめてカクヨムをベース読み続けている作品。
どうしても最大手という点や検索システム、サイトそのもののUIの悪さからカクヨムで作品を読むことって少ないんですよね…。

独断と偏見による評価

書籍化に合わせてタイトル変えるの我々みたいな人間にはものすごく効果的な嫌がらせなのでやめてください()
よくある俺つえー作品。ですが、比較的読みやすく、空気感も軽いのでさらっと流して読むのにおすすめ。
毎日更新作品を多数おいかけないと読むものが無い!となる人にはかなりおすすめです。
反面、1作品をじっくり舐め回すかのように読みたいタイプには向かないかもしれません。個人的には結構薄い軽いな作品の印象。

魔神を封印した英雄の一人、ギルフォード・リーブス。
瀕死の重傷を負った彼は仲間のちからによって蘇生するも、身体が回復しきるまでの間眠り続けることに。
1000年後、目覚めた最強の魔術師が目にする世界とは……的な話。強すぎて自分の脳力に制限をかけて戦うけどそれでも強すぎて的な。
戦闘シーンの描写は結構好き。だけどスピード感あるはずの戦闘は苦手?会話多すぎてすごいまったりな感じを受ける。

記載時点の読了ポイント
現在、185話キャパオーバーまで読んだ状況で記載しています。

より詳しい感想、考察などは章別の考察記事をどうぞ!

完全無欠の新人魔術生1章を読んで

章の区切りがさっくさく、1章にいたっては11話とかなり短い。いい意味で描かないスタイル?と思いつつ読んでます。
1000年後の世界で出会う人々とたった11話でいろいろと必要な説明をしたとも言えるし、プロローグを1章としたとも言える。

完全無欠の新人魔術生2章を読んで

1章はプロローグと言いましたが、実はそのとおりではないかと思う。
2章でついに舞台はロンドール魔術学校へ入学試験のシーンから良くも悪くも目立ってしまうギルフォード。そして俺TUEEEの定番、「最初は弱い」を汎用魔術という点で見せつける。
とはいっても学生からはというちょっと違う点もある。分かる人なら見ればわかるだろうという汎用魔術の質の表現はなかなかに素晴らしい。単なる最弱(さいきょう)作品ではない。

そしてそんな2章もサクッと終わる。章タイトルをみてこれから本編と思ったのにわずか10数話、さくっと3章へ。
なんで入学試験だけで章終わってるんだよそんな壮大な学園ストーリーなのか?!?!

完全無欠の新人魔術生3章を読んで

アンダーグラウンドな世界で真の力を見せつけるのか!?いやいや最弱(さいきょう)はまだ早すぎない??
そんなふうに思っていた時期が私にもありました。

アンダーグラウンドってたんなる地下じゃねーかよ!それを章タイトルにしちゃう!?!?

もう章タイトルには騙されない。

完全無欠の新人魔術生4章を読んで

ここにきて長いなーと思った4章。それもそのはず、終わってみれば約45話と4章までが全92話と考えると4章だけでその実半分も占める。そりゃ長く感じるわ!
そして、裏をかいてくるかとおもった章タイトルもストレートに新人戦で普通に新人戦して普通に優勝してしまった。
でも相手を半殺しにする悪魔みたいな勝ち方を持ってくるとは意外すぎた。なんていうかこの作者の斜め上感が最近ツボになりつつある。

完全無欠の新人魔術生5章を読んで

なんだか本編といった感じ。実は3章までがプロローグだったのでは……?5章も気づいてみれば40話程と4章同等にボリュームがあった。
そして実力を隠さなくなってきたギルフォードに、明らかになる明確な悪。アビスの存在や今後の活動などいろいろと広がってきて楽しい。

完全無欠の新人魔術生6章を読んで

要するに番外編……?長期休暇に同級生のお家に行きました回

ええ、本編始まったなと思っていたので、「エレナの墓」はダンジョン化していた!みたいな展開を期待してしまったよ。
まさかここにきてサクッと14話で6章が終わるなんて思いもしなかった。

エレナの墓の前で涙するシーンは結構重要な意味があるきがする。指輪の話とかね。
2歳年上のエレナに対するギルフォードの思い。他の4人とは違うなにかでしょう。

ネット小説いろいろ読んでます

いろいろ読んでは感想を辛辣に思いのまま書いてるので、好みが合いそうな方はぜひ。

まとめ

最近は週1~更新なので、180話とはいえすぐに更新に追いついてしまうかと思います。
学園モノとおもいきやわりとさっくり学園飛び出します。かと思えば学園に戻ってきて定番イベントを熟す。なんともタイムリープした主人公みたいな忙しさ。(割と好き)
あと雷と氷を好んで使う?主人公の属性が個人的にはGOOD 氷いいよ氷

でもスケルトンがでてこないがちょっとマイナスですね。

関連記事楽しい記事がきっと見つかる
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
酔麿呂

酔麿呂

極普通のお酒とゲームが好きでオシャレな雑貨に弱い元SE。趣味はAmazonでウィンドウショッピングすること。 SEと言いつつもDBAとして米国での就労経験があったり、人事・総務・財経とあらゆる部門の経験を持つ異色のフルスタック系エンジニアです。

© 2020 あずめでぃあ