ネット小説

【なろう小説】AshCrown

なろう小説ってタイトル一本釣りみたいなところあって「そこが嫌い」だったりもする。
なんだろう、あの文章な感じとか。

AshCrownはそんな作品への嫌悪感が非常に強い時期にランキングをみていて見つけた作品。

一応記載しておきますが、ネタバレ含みます。

独断と偏見による評価

初めて読んだのはジノーファが18歳になるあたり。(実際にはその手前ぐらい)
ちょうどそこで更新に追いついてしまったのでよく覚えてる。

いい意味でなろう小説らしくない文章と、安定したラノベ感がミスマッチのくせに上手く噛み合っている。
転生だとかダンジョンだとか最弱だとか、流行りに一切惑わされずに描かれる大陸史は完結後に改めて読みたいと読んでる今思わせる。

記載時点の読了ポイント
現在、169話戴冠式と結婚式まで読んだ状況で記載しています。

より詳しい感想、考察などは章別の考察記事をどうぞ!

AshCrown 灰色の王子を読んで

タイトルに惹かれて開いたプロローグで衝撃を受けた

なんだと

俺はなろう小説を読んでいたつもりだった。
しかしこれはいい意味でなろう小説じゃなかった

ネット小説いろいろ読んでます

いろいろ読んでは感想を辛辣に思いのまま書いてるので、好みが合いそうな方はぜひ。

まとめ

感想のところでは触れてませんが、この作品の強みはその練り込まれた魔術体系ではないでしょうか。
男子だいたい好きっしょってぐらいこの第一物資からの流れ。理系作者なんだろうなーっていう気持ち。魔術は感覚みたいな作品と、魔術は理論みたいな作品どちらがいいか悪いかは別として、個人的に好きなのは後者です。
超理屈派な自分としてはって感じがひしひしと!

関連記事楽しい記事がきっと見つかる
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
酔麿呂

酔麿呂

極普通のお酒とゲームが好きでオシャレな雑貨に弱い元SE。趣味はAmazonでウィンドウショッピングすること。 SEと言いつつもDBAとして米国での就労経験があったり、人事・総務・財経とあらゆる部門の経験を持つ異色のフルスタック系エンジニアです。

© 2020 あずめでぃあ Powered by AFFINGER5