生活

【新型コロナウイルス】医療機関発の情報ですら間違っている時代に何を信じるのか、少なくともマスコミは疑う。

この記事を書くにあたり、本題に入る前の所謂あいさつをどうするか、めちゃくちゃのくちゃに迷いました。

よいまろ
本当はこんな記事書きたくなかったんですよね。

我々WEBに生きる人間にとって、WELQ問題はとても大きな問題でしたから。
第一書いた所でSEO的にはヨワヨワのヨワで、あまり価値ないんですもん。
だからといって書かずにはいられないと書いているわけですが。。。。。。

しかし、こうも間違った情報やデマが発信され、医療従事者までもがそれらの情報を拡散するような時代。
厚生労働省が中国湖北省にて原因不明の肺炎発生を知らせたのは1月初頭。
この中では、2019年12月に中国湖北省武漢市にて原因不明の肺炎が発生していると知らせている。

たった59例ではあるが、正直この時点で私はやべぇなと思っていた。現にツイッターではそれらを懸念するツイートをいくつかしている。
しかし、本当にやばいのはウイルスの症状などといったものではなくもっと違ったものだったわけだ。

ちなみにコロナってギリシャ語の王冠から来てるんだよ。学者もやっぱ中二病なのかな。(違う)

改めて問う、あなたはコロナウイルスを知っていますか?

知る知らないかなんともずるい日本語である。
これだけ話題になって、知らないと答える日本人がいたらそれはそれで希少種であり、隔離して研究所にでもぶちこんで観察対象にしてもいいのではないかとおもう。
それぐらいには認知されているし、情報発信がTVやラジオといった一部の権利者にのみ許された特権であった時代とは違う。SNSを通じ誰でも情報を発信することが出来る時代だからこそ、知らない人は希少だと言える。

閑話休題。
本題に戻ろう。再度問いたい。「あなたはコロナウイルスと呼ばれる物が6種類あることを知っていますか」

少なくとも私が雑談のなかでこの話題を出した限り、誰一人として知らなかった。
そしてその数は200程。日本国内でコロナウイルスに関してかなりHOTな地域である愛知県での話だ。
それを思うと、この記事を読んでいる人にそれを知っている人がいるのかどうかも怪しい。母数が少ないのもしかりだが。

ちなみに、2020/01末の時点で厚生労働省発の情報にこれらの情報は周知されている。

この期に及んでゴミ以下の対応をするマスコミ

さて、1月末の時点で6種類のウイルスが確認され、それぞれの特徴も公表されている。
となればマスコミ程の力のある組織であれば、正確な情報を集め報道することも出来たはずだ。

よいまろ
しかし現実はみな知っての通り。言うまでもない

愛知県は岡崎市がクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号の乗客乗員を、開院前の藤田医科大学岡崎医療センターで受け入れると発表し、実際に即日対応された事は記憶にあたらしい。
何を隠そう、私は26年程その岡崎市に住んでいた。
というか生まれも育ちも岡崎市であり、藤田医科大学岡崎医療センターは家とJR岡崎駅の間にある。そう、めっちゃ地元!だ。

そんなだからこのニュースにはいろいろと思う所があった。だからこそマスコミの対応には注目せざるを得なかった。
今や感染者は犯罪者やテロリストのような扱いを受けている。発覚する前にどこに行っただとかで叩かれる。それは流石に可哀想だと思わなくもないが、陽性だと分かっていて行動したゴミすらも現れる始末。

しかし、この岡崎市のニュースに対するマスコミの対応は極めて遺憾であった。
とはいえ矛先は「政府の対応」だったので、市民としてはまぁ思うところはあれどって感じ。しかしながら、人命をタネに嘘で政府叩きをする「いつものマスコミ」だなと思ったので、やはりこの世にTV(データ的な意味で)は不要だなと改めて思う次第。
TV(物理)はゲームするためにも映画を見るためにも必要だけどね。

先程から脱線が多いが、マスコミが行ったことをとある番組を例に紹介する。
マスコミと同様の手口と言われればそれまでだが、報道内容そのものはぐぐればTwitterなりYouTubeで確認できるので割愛。

下船夫婦への密着などというヤラせ映像

報道の中で、下船した夫婦の映像が流され、視聴者感情を煽る。
一月以上も開けていた家の中が適度にモザイクされて映し出されていたがまぁキレイ。
植物なんて屋内にあるのに「みずみずしさ」すらあった。アホかなと。70歳?だかの夫婦の対応が固くない。素人の老人に密着で取材なんていったらまぁ普通はね…。

ぶっちゃけヤラせ感がすごすぎて見るに堪えないので、これだけでも嫌悪感がすごい。

岡崎市に移送後の対応

最も個人的に嫌悪したのが、この内容。
2週間の検査機関を短縮し、陽性でなければ1日(半日?)後の再検査を経て再度陰性なら開放される

といった隔離の基本ルールみたいな所の報道である。
ここで何を血迷ったか、国立感染症研究所の御えらいさんを引っ張り出して「政府の方針はゴミだ!」って言わせた。

思い出してほしい。最初にお伝えした「コロナウイルスは6種類ある」という話。
厚生労働省発表にこんな資料があるコロナウイルス感染症について

そう、1月末の時点でコロナウイルスは6種類あり、そのうち2種類は肺炎や腎炎を引き起こす重症化するものだが、残りの4種類は風邪のような症状を引き起こす軽度の物としている。
この資料には記載がないが、SARS、MERSウイルスは単独ではなくHCoV型4種と密接に関係している。
そのため、検査期間の短縮というのは何も間違ったものではない。
政府は危険性と個人の尊厳を両立し、最適かどうかはわからないが、少なくともより正解に近い期間として2週間の短縮を決定していると考えられる。

それを知っているはずなのに権威者をもちいて、誤った認識を世間に垂れ流すあたり、相変わらずマスゴミと呼ばれる程度なんだと思う。
最近流行っている言葉を使うのであれば 日本人のレベルの低さ というところか。
いや、彼らは国賊であり大陸の犬であることを考えれば、日本人のレベルの低さというのは間違っているのかな?笑

少なくとも番組側のスタッフや、台本を何も考えず読んだのかどうかもしらんけど、小倉はもうさっさと国賊として処分されてほしいレベルですね。
ここで小倉といってしまうと番組名をあえて伏せた意味がなかったのかなと思うけど、日本に小倉さんは10万人ちかくいるみたいなのでなにも問題ないでしょう。
普段からよほど差別的発現していたり、嘘ばかり垂れ流したりしているキャスターでもなければ特定されないよね()

改めて記載しておきたいこと

本文章の内容は2月末時点の厚生労働省発表の情報をもとに集約・要約したもので、今後情報の更新等により事実とは異なる解釈が生まれるかもしれません。
また、お得だねと思われる情報に関しては個人の感想です。

まとめ

こういうときぐらいというのが正しいかどうかはわからないけど、こういう日本全体が、世界が驚異にたいして立ち向かってるときぐらい、マスコミは仕事してほしいですね。
トイレットペーパーの売り切れとかいう糞ゴミな事案は1000%マスコミのせいですし。
デマと知らずに買うバカと、デマと知って日用品の品不足を煽って買いだめさせるバカはどっちも救いようがないバカだと私は思います。

こういった国難とも言える問題が発生したとき、すくなくとも国の発信をまず見ましょう。だいたい情報は少ないけど、その少なさは「正しい事」「事実のママ」だからです。
自称医療従事者は論外としても、新型のウイルスに詳しい人というのは原則存在しません。そりゃ知ってたら「新型」じゃないもの。
だから医療従事者だからといってその発言を信じる必要はないんですよね。信じるのは感染症やウイルスを専門で研究してる所、またはそれを持つ国や機関の発信する情報。

だというのに日本人ってのは馬鹿なんでしょうね。
おばあちゃんの知恵袋は絶対だとかおもってるのかなって思います。経験ってのは基本的に価値のないバロメータだってのを早く知るべき。コロナに関係ない所でもね。
※経験ってのが100無駄と言ってるわけではない。

関連記事楽しい記事がきっと見つかる
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
酔麿呂

酔麿呂

極普通のお酒とゲームが好きでオシャレな雑貨に弱い元SE。趣味はAmazonでウィンドウショッピングすること。 SEと言いつつもDBAとして米国での就労経験があったり、人事・総務・財経とあらゆる部門の経験を持つ異色のフルスタック系エンジニアです。

© 2020 あずめでぃあ Powered by AFFINGER5