【書いてない】記事を書いたという記事を書く【アフィリエイト秘書】

2019年9月30日

先日新しいサイトを立ち上げた話を密かにしていました。
いぜんから考えていたAmazonみてニヤニヤしてる人発の通販サイトです。通販っていうとECばかりなうえに、KWでの勝負が難しかったりするので手を出すかまよっていましたが、雑記ブログやってる以上それより難しいわけがねーだろとの気持ちです。

なによりもAmazonを愛して愛して愛してるのでたちあげたかったんですよね。
出来ることならAmazon愛で生計たてたいぐらいまである。

記事外注はクソ!

先日こんな記事を書きました。
クラウドワークスさんで記事の種を100個募集するタスクを依頼した際の話です。

詳細は記事を見ていただくとして、タイトルからお察しいただく程度の質と結果でした。

まともな記事外注もある!

「1文字1円の記事外注って軒並みゴミですよね。知ってる。」
そんな風に思ってる時代が私にもありました。
それでも依頼してしまうのがアフィカスの性!

たとえ低品質でも1500文字も種があれば記事作成に必要な労力はかなり削減できる!

私はそうおもって今回も発注しました。

「アフィリエイト秘書」さん

今回、依頼するにあたってめちゃくちゃ調べました。
そして見かけるアフィブログの数々。
1文字1円記事外注に対するアンチテーゼからただの罵倒まで。
記事を開けばそういったサービスのアフィだったりなのでまぁなんでもいいんだろうなって気持ちで読んでましたが。

そんな中でみつけたのが、株式会社サクラボさんの「アフィリエイトの秘書」でした。

なぜ「アフィリエイトの秘書」だったのか

正直結構前の事だった事、納期が想像以上に遅い提示だった事もあり具体的には覚えていないという失態を犯したわけですが、なによりも印象にあることがあります。

しっかりした仕様書テンプレート

Google Spread Sheetにも対応している仕様書テンプレート。もうね、これがすべてと言っても今ではいいぐらいの重要度。
実際、中身もしっかりしていて基幹システムとして管理システムがあるとのことですし、システムへの案件登録を自動化してるんでしょうね。
そのためすべてを仕様書に書いてくださいといわんばかりに色々書きました。

「全記事同じライターで」という発注方法

数あるクラウドワーカー向けサービスの中でこんな仕組みがあるサービスは少ないと思います。数あげてなんぼな1文字1円サービスですから、時間のかかる方法はとらないのが普通。
でも正直そんなサービスは2回目使おうなんて思わないので、利用者からしたら「正しいサービス方針」なのではないだろうかと思います。
今回16記事発注しましたが、どれも似たテイストで書かれていてとてもいい感じでした。

【嘘かホントか】1記事1記事目視チェック

スタンダードなプランでの依頼はすべての記事を目視によるチェックも行われます。
これ、すごいっすよね。
システムによるコピペチェックなんか当たり前な時代ですけど、目視でのチェックはわりとすごい。
1500*16記事でおよそ24000文字の依頼をさせていただきましたが、誤字脱字は全体で3箇所のみ!過去利用した記事外注サービスの中でも圧倒的な制度!

記事品質

何よりも重要な品質ですが、ひとまずアップすることを優先して16記事ざくっと確認しただけですがどれも問題なく即時アップ可能な品質でした。
以前依頼したお酒に関する記事とか20記事アップするのにまるまる1週間ちょっとかかりましたからねww

詳しい記事の品質については、こちらを御覧ください。
【2019年版Amazonプライムのすべて】Amazonプライム全19特典すべて教えます:https://shopping-life.jp/topics/29/
この記事に見覚えがある人もいるかと思いますが、約5ヶ月間あずめでぃあ内にあったAmazonの各特典についてまとめた記事です。
この記事内にあるAmazonギフト券・Amazonクレジットカード以外の関連記事(あわせて読みたい)16個がすべて今回の納品物です。

まとめ

明確なテーマが決まっている今回のような記事依頼においてはアフィリエイト秘書さんはとても優秀なサービスかと思います。
納期が少し遅い(80名の専属ライター&サービス品質確保)のが気になりますが、だいたい大丈夫。
スピード命の流行り物系とかは死活問題ですが、そもそもそれ系は記事外注なんてしてたら遅いですからね。
まだ未定ですが、いくつか書きたいテーマ等もあるので是非次回も活用したいと思います。

ライター指名制度みたいなものはなさそうなので、すこし残念です。ですが、トータルで高いチーム力があると期待して次回も良い文章をお願いします!w

関連記事楽しい記事がきっと見つかる
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
酔麿呂

酔麿呂

極普通のお酒とゲームが好きでオシャレな雑貨に弱い元SE。趣味はAmazonでウィンドウショッピングすること。 SEと言いつつもDBAとして米国での就労経験があったり、人事・総務・財経とあらゆる部門の経験を持つ異色のフルスタック系エンジニアです。

Copyright© あずめでぃあ , 2019 All Rights Reserved.